TPPの影響

 道から大筋合意したTPPの各品目毎の影響予測についての資料が届きました。
 合意の内容の後、「想定される影響」として新たな輸入枠が設定されることにより影響回避措置がとられない場合「価格低下が懸念」などとされています。
 TPPに参加することによって我が国の国益が守られるとして合意に至った以上、それによって影響を受ける分野については、国として充分な対策や保障措置を執らなければならないと思います。
 農業についても基本的な関税は守ったとはいえ、農業者に不安感が強く、将来の担い手が益々少なくなってくることが大きな懸念です。
 出来るだけ早く経営を守られる様な基本的な対策を立てなければならないと思っています。

コメントを残す