自民党総裁選挙

自民党総裁選挙が行われ、全国の党員票と、国会議員票の開票の結果は、安倍総裁が553票、石破氏が254票の結果となりました。国会議員票は安倍氏329、 石破氏73だったのに対して、地方党員票は安倍氏224票、石破氏181票と予想以上に石破氏が獲得したと言われていますが、新自由主義・競争主義の導入で人口減少や東京一極集中を進める安倍政権に対して地方の党員が反発していることをよく表していると思います。国会議員も党中央・東京の目線で物事を見ていると思われ、この認識の格差をどう感じ、説明するかが、今後の地方選出議員の力量となって来ることと思います。