対策本部会議

自民党道連胆振東部地震被害対策本部・道議会自民党議員会合同会議が開かれました。北海道対策本部、札幌市・北海道開発局からの経過報告や被害状況報告道連対策本部からの現地調査とその対処報告の後、出席した各団体を代表して北海道商工会議所連合会の岩田会長、道観光機構の堰八会長、農協中央会の飛田会長の他、林業、水産業などの代表から要請を受けました。要請内容は、激甚災害の早期指定や、キャンセルが相次いでいる観光への支援、停電により大きな影響を受けた経済再生、台風21号と地震により大きな被害を受けた農業への支援、地滑りによって伐期だった木材の有効利用と壊滅的被害の林道の復旧などで、しっかりした対応が必要と感じています。