灯りが戻って

厚真1号機が思ったほどの故障でなく今日から再稼働できることになり、20%の節電要望は解除されることになりました。今回の胆振東部地震は、被災地やその周辺は大きな被害を受けましたが、全道で関連被害ともいえる全停電という事態となりこの影響は様々な方面に及びました。特に酪農では最低でも一日一回は搾乳しなければ牛という生き物がストレスで乳房の病気になってしまうため、大きな被害となってしまいました。今後、不可抗力だったのか北電のミスなのかが検証されますが、何らかの補償を求める訴訟さえささやかれています。