震災から一日

午前中、災害対策本部を訪れ本部長の阿部副知事に乳業工場への優先的な電気復旧をお願いしました。酪農家の現場でも搾乳に困難をきたしていますが、備えて当た発電機を使いまわししながら何とか搾乳をしていますが、工場が停電で受け入れを中止しているので、結局捨てざるを得ない状態です。中標津町長からの、一日5000万円の損失となるとの要請を伝えて復旧に努めてもらうことにしました。午後遅く、自民党道連対策本部の吉川本部長が東京から戻り、札幌市役所の対策本部と道庁の対策本部を一緒に訪問し、その間清田区の被害現場にも行ってきました。住宅地や公園が2メートル近いも陥没している現場には驚くばかりでした。一日も早い復旧ができるよう総力を挙げていかなければなりません。