小樽の悩み

移動政調会で今日は小樽市と余市町(後志北部)を訪問しました。昨年もあった「海員技術学校の存続」は、施設の老朽化で耐震性もないことから、統廃合の対象になっているのですが、地域としては統廃合によって空いている商業高校を使って何とか存続して欲しいという要望です。この学校は中学校卒業の子供たちが船員になることを夢見て入ってくる全国でも数少ない船員の養成学校ですが、市長からの正式要請がないため前進できていないということで、行政の混乱が地域に大きな影響をもたらしていると残念な思いでした。