がんサミット

北海道がんサミットが開かれました。実行委員長の長瀬医師会会長はかなり厳しい口調で道議会の条例制定ができなく決議で終わらせたことに言及しました。その後の北海道厚生局田中局長の講演では法改正された受動喫煙に関することや、日本の医療費の現状、がんの多様性をあげ、それぞれ全く違う疾患としてとらえる方がよいなどが報告。その後の分散会では「たばこに関する部会」が3、「がん対策」が3、「予後の就労支援など」の3部に分けての分科会でそれぞれ意見を集約して全体協議を行いました。この中で私は条例から決議に至った経過を説明しましたが、会場からは「やる気がないのだろ」と言った声も飛びました。今後も六身一体会議で良い方向を目指すことになります。