あまりのひどさに閉口

毎日西日本豪雨被害について報道されています。そのあまりのひどさに言葉もないほどです。同じ大雨の中にあった地域でも被害のないところもあり、その運命の分かれ目がどこにあるのかと思います。勿論、崖崩れにあったところはその直下に住宅があったこと、氾濫したところでは川の近くに住宅があったことなどは直接の原因ですが、同じ崖の下でも崩れなかったところがあり、こうした場合どこが安全かはわかりません。これまで何十年も住んでいて初めてという話がよくされますが、もうそれは通用しなくなっていることも考慮に入れて避難することが大事と思う毎日です。