TPP対策大綱

 明日からの第4回定例会の前日委員会が開かれ、災害復旧を中心とした補正予算や、若干の条例改正案などが説明されました。
 そのほかの補正では来年の事業の前倒しをして閑散期の工事確保をするための「ゼロ道債」予算も25億3千万円が計上されています。
 午後には国のTPP対策大綱が公表され、インターネットで手に入れてみましたが、北海道からの要求は殆ど盛り込まれており、今後は具体的な施策についての予算付けが注目されます。
 夜には中小企業団体との交流懇談会があり、「自民党商工業振興議員連盟」のメンバーとして参加しました。
 日本の製造業など企業の大部分は中小企業で、この企業群が日本の経済活動を支えているもので、農業について考えても大規模だけで国民の食糧生産を賄うことは到底出来ない事で、家族農業を中心とした中小規模の存在も、地域政策と合わせて理解してもらわなければなりません。

コメントを残す