移動政調会

日頃の地域の課題を聞いて解決に向かう目的で開いている、移動政調会の第一弾を今日日高管内で開きました。午前は平取町で平取ダムの早期完成、国道、道道の整備促進、河川改修整備促進、アイヌ文化の総合的な伝承と理解を目的としたイオル(伝統的生活空間)の整備、日高地域の公共交通への支援などのほか、農業・建設等での人手不足、養護学校の問題などについて要望を受け懇談をしました。午後からは日高町、新冠町、新日高町を訪問し、同様の要望を受けましたが、これまで私も縁あって四度ほど参加していますが、依然解決されていないもの、進行が遅いものなどもありもどかしい思いを共有しました。特に鉄道関連の海岸浸食対策は、鉄道護岸としてJR北海道がすることになっており、廃止の決断がされなければ国や道が整備できないということには私自身疑問に思いました。法は人々の暮らしの安全を守るためにあるのではという疑問です。