タイ王国

タイ王国の選挙管理員会のメンバーが、日本の政治制度について研修するために北海道を訪れました。最初に道庁で選挙管理委員会を訪問し、日本の選挙制度について研修をし、その後議会に来られ、自民党という政党や、国と地方議会の関係などについて私から説明した後、政治資金はどのように確保しているのか、党員になるメリットやその党費の額は?選挙の際お金で票を買うようなことはあるのか、軍や天皇は政治に関与しているのか?など多くの質問をされました。最後に団長から、「日本とタイは150年ほど前から同じような歴史を経過しながら、自由と民主主義の政治という面ではタイは大きく立ち遅れているので、今回の研修を帰ってから生かしたい」という挨拶をいただきました。