IR、JR、知事の姿勢

今回の定例会代表質問(正確には偶数会では代表格一般質問と言いますが)の注目点では、単独では存続できないとされているJR北海道の地方線の今後について、先日の島田社長の会見での発言に対する高橋知事のコメント。国会で法制定に向けて最終段階に入っている統合型リゾート法(IR法)に対応して、北海道もその設置に動こうとしていることに対しての考えについて、知事の意思表示がはっきりされないことに対して私達とのやり取りが続いています。はっきり意思表示をしたうえで議会議論を待つ知事の姿勢が必要と思っています。