お詫び会見

今回のアメフト騒動を見聞きするにつけ、日本は世界でもまれなお詫び大国だと思ってしまいます。毎日毎日お詫びをして頭を下げる姿を見ると、何となくそれで罪を過去のものとしているのではと穿った見方をしてしまします。とりあえずお詫び会見をして世の風当たりを避けようとの意図が見えてきそうです。私の祖父が、口うるさい祖母のがみがみとなる雷にただじっと耐えるのを祖父の膝に抱かれてみていましたが、ある時祖父が「鉄砲の玉と小言は頭を下げていれば通り過ぎる」と私に教えたのを今でも鮮明に覚えています。今でも私の人生訓とか…。