建築法の進歩

札幌に住んでいるマンションの隣が、老朽化して建て替えを行っています。解体するときも、窓から小さなバックホーの腕を入れて中のものをつかみだす技に感心しましたが、解体後新しい建物を建てるための基礎工事で、今まで見たことが無い、型枠と断熱材を兼ねたものが使われているのが見えて、省力化と基礎の保持に新しい技術が入っていることも知ることができます。以前だとコンパネというもので型枠を組み、コンクリを流し込み、その後このパネルを取り除き…という工程で行われていましたが人手不足の時代に合った新しい技術が出てくるものと思いました。