癌検診

 一昨年前立腺癌除去手術をした後の経過を見るための3ヶ月検診に行ってきました。
 完全に除去しているので当然ですが、検査結果は全く問題ないとのことでした。
 癌もごく初期で転移の心配もないものでしたが、父が最終的にはその病気で亡くなっているということで検査を受けた結果がん細胞があったというものでした。
 同じ時に入院した方は膵臓癌ということでしたが、それも検診で早期に見つかったということで、検査は受けるものだとお互い言い合ったものでした。
 先日札幌の国立がんセンターの近藤院長が議会に来てくれて、自民党議員会でたばこと癌の関連や、早期検診がいかに大事かということを、北海道の癌死亡率が全国ワースト二位という事実をグラフで見せながら講演をされました。
 わたしの周辺でも癌にかかる人も多く、自分の経験を生かしながら少しでも癌による死亡率を下げることに努力したいと思います。

コメントを残す