農産物輸出促進

自民党本部の農産物輸出促進対策委員会(小泉進次郎委員長)の一行が道東を訪れ農産物の一層の輸出促進を図るため現状と問題点の調査にあたりました。ではありましたが、千歳からの一便で来るはずが、最近では珍しく濃い霧に覆われて飛行機が着陸できず根室管内の別海乳業興社への訪問は出来なくなりました。幸い副委員長の伊東代議士は釧路から空港へ来ていたので、現場に来ていた鈴木代議士に政調会長として参加の私と三人で興社の調査をさせていただきました。ここはまだまだ輸出より国内販売が主ですが、こうした小規模の製造会社が輸出に取り組むためには近隣の会社同士が力を合わせる必要があると感じました。この後大空町で長芋、訓子府では玉ねぎの出荷状況を視察しましたが、どちらも農協が中心で行っているため、規模の違いが感じられました。