消費税と選挙

 昨日、合意に納得できないと書きましたが、公明党の理屈を抜きにした抵抗に、官邸筋が折れて党に指示を出した背景には、来年の参議院選挙で公明党の選挙協力がなければ勝てないとの判断があるとされています。
 これまでの選挙殆どで、常に強力な組織力を誇る組織にすり寄らなければ当選がおぼつかないことから、こうした気の使い方が続いてきました。
 それは自民党だけでなく野党にも言えます。カリスマ的な指導者のいる政治集団は、宗教的とも言える結束力を誇り、選挙に大きな影響を与え続けていますが、最大の政党の自民党は、その自由性故にこうした集団に揺すぶられ続けています。
 政治とは何か、選挙とは何かを考えさせられることです。

コメントを残す