人口減少と医療

3月に公表された人口研の予測は予想されていることとは言えショッキングなものでした。2045年までにどのようなことをして人口減少を防ぐか、避けられないものとすればそこに向かってどのように備えていくかなどの方策を早く立てていかなければならないと思います。特に医療については、対象となる人達の減少で経営が成り立たなくなり、医師確保もできなくなって医療の後退がさらに人口減少を加速することになりかねないことを深刻に捉えなければならないと思います。