鉄道調査会

総合交通指針に鉄道交通の全体像を書き込んで方向を定めて今後の計画推進をしていくために、今日国の鉄道局長、道知事、市長会会長、町村会会長の4者協議が行われる前に議会自民党の鉄道調査会などのメンバーと、市長会長、町村会長との懇談を行いました。昨年の今頃行われた国の鉄道PTの時の様子とは、北海道の支援策などを含めた指針がまとまってかなり様子が変わってきたとの認識があり、今後もそれぞれの役割を果たしながら鉄道網の維持に努めることになりました。それにしてもそのためにはJR北海道の再生計画がしっかりできることが必要です。