人口減少ショック

厚労省人口問題研究所の見通しとして、今朝の新聞で北海道の人口が2045年には2015年比で約140万人(25%)の減少となること、地方の85市町村では今の半分になってしまうことが報道され、改めてその危機感を感じています。人口減少の緩やかだった根室管内4町でも標津町と羅臼町は半分の2千人台となり、中標津町と別海町では5千人減となるなどこの20年間で雪崩のように減少が進むという予測です。少子化と子供を産める女性の減少で自然減が進み、更に就業機会や医療、教育、娯楽などが弱体化していくために社会減が進むための現象です。

雪崩防止柵は何かをもっともっと真剣に考え実行していかなければなりません。