食産業研究会

自民党道議で任意に作っている「食産業研究会」が、釧路管内の食を訪ねて回りました。一日目の今日はまず阿寒町の「赤いベレー」というレストランで地場産品をフル活用した昼食を食べました。エゾシカ肉や牛肉、この後視察に行く植物工場生産のパプリカなどを使ったサラダなどを食べ、その後近くにあるシカ肉の加工場へ、次はそのパプリカ工場へ、23ヘクタールという広大なビニールハウスに隣の製紙工場の発電所の余熱を引き込み省エネで生産しています。この後リーフレタスの生産に取り組んでいるハウスを視察して夕食会場の屈斜路湖畔の「丸木舟」に行きアイヌ伝統料理を腹いっぱい食べた後その料理を出してくれた皆さんでアイヌ歌謡や踊りを披露してもらいました。