山菜の季節

 予定のない日曜日でしたので、少し山菜を取りにと裏山に行きました。
 もう行者ニンニク(アイヌネギ)が出ているところが多いのですが、私のところはまだツクシ状態でこれをあきらめ、小川に出ているヤチブキを採って帰りました。
 小川の清流は気持ちの良いほど澄んでいて、子供のころ「キンギョソウ」と呼んでいた「カワマツ」がたくさん生えているのを見るとここではまだ川の汚染はないと確認できました。
 これからフキ、ヨモギ、ワラビ、コゴミ、ウド、タラの芽など多くの種類の山菜が続き、野菜を買わなくともよい季節です。
 自然の豊富なところに住んでいるおかげで、こうした山菜を満喫できるのは幸せなことです。
DSC_0024.JPG

DSC_0025.JPG

コメントを残す