3・11

大災害だった東日本大震災から7年がたちほぼ一日中復興の様子や、当時の悲惨な映像が流れていました。あの日はその後に行われる道議会と知事選挙の年にあたるため、第一回定例会が10日で終わり、議会終了の挨拶に各役場を訪れていました。ちょうど別海町役場で町長と話している最中にこれまで経験したことのない大きな揺れがあり、きっと遠くで大地震かも知れないとテレビを入れてもらうと巨大地震のニュース。津波注意報(最初はそうでした)が出ていたので職員に満潮時間を尋ねた覚えがあります。満潮は7時半ころということだったのでそれなら大丈夫と思いましたが、実際は満潮などと関係なく大津波が押し寄せてあの大災害になりました。いつでも逃げるが勝ちの心構えを持って置かなければならないということです。