民泊

一般質問二日目でした。我が会派の後輩議員が良い質問をしているのを聞いて頼もしく思っています。終了後不動産業振興議員連盟と宅建政治連盟との懇談会がありました。今回の定例会で北海道の条例提案もされている「民泊」ですが、札幌と旭川の一部以外ではあまり歓迎されてはいないようです。特に一時使用貸借化、宿泊化、宅建業法適用かなど手続きの問題の整理ができていないことで戸惑いもあるということです。また、近所とのコミュニケーションが取れていないための混乱を防止するために、6か国語表記の「民泊の建物」であることの表示を出すことで近所の安心も得られるのではなど、示唆に富む意見も聞くことができました。