実力通り勝つすごさ

スピードスただ一人36秒台を記録してケート女子500メートルで、小平奈緒が金メダルに輝いた。一昨年以来ワールドカップで負けなしだったことで当然金メダル候補に挙げられていたが、その通りの実力を発揮して勝つことはそう簡単ではないと思うが、昨日の羽生といい、小平といい思わぬ強敵の出現や、緊張からのちょっとした失敗で大きく結果が変わるのが勝負の世界ですが、「絶対王者」の名にふさわしい結果を残すのがすごいと思います。