ロボット搾乳

昨日より懇談した中小企業のモノづくり集団の方たちに、長谷川総理大臣補佐官も加わってロボットミルカーの視察を行いました。昨日は浜中町の農家を2件視察し、今日は中標津の桜井牧場と本田牧場を視察しましたが、ロボットが搾っているところを動画も取りながら熱心に見てもらいました。今回の目的は、導入している値段が高すぎるという農家の声を受けて日本のモノづくり集団を結集してもっと安くできないかを調べるということでした。その後の感想では作れないこともないが、動いているところを見ると値段にふさわしい仕事をしているということでした。簡単ではないということでしょうか?