長崎県では

北方領土特別委員会2日目は、北海道に次いで署名数の多い長崎県の県民会議役員との懇談でした。昨日と同様県民会議副会長をしている長崎県地域婦人連絡協議会会長の西山氏で、説明の中で多くの署名が集まるのは老人クラブ連合会と、労働団体が大口で署名を集めてくれているせいとのことでしたが、すべての市町村でも地道に5~600人の署名を集めている活動をしていることによると思いました。北海道でも見習うことです。また、婦人団体の会員がかつては5~6万人もいたのが、今では7000人程度に減っていることや、長崎は被爆地で語り部の話を聞くことには慣れているが、遠く離れている地なので関心が必ずしも高いとは言えないとも話していました。