がん

羅臼町で姉の幼馴染の夫の方が亡くなったということでお悔やみに行ってきました。話を聞くと腎臓癌だったということですが、以前から胃がんで胃をとったりそのほかの余病もあったりだったということで腰の痛みを訴えて病院に行っても湿布薬をくれる程度で検査を十分してもらえなかったとのこと。医療レベルに差があるとはいいながら、早くほかの疑いも考えて検査体制の整った釧路党に送ってもらいたかったと奥さんから訴えられました。今回はいずれにしても手遅れだったようですが、救えるがんの早期発見には力を入れていかなければならないと思っています。