団体政策懇談会2日目

今日は7団体、総選挙の影響でこの時期に開くことになったため、委員会や調査チームが道外や海外へ調査に出ていて出席する議員が少ない状態の中で一期生が出席してくれて何とか懇談会が成り立っています。商店街振興組合からは賑わい創出事業の成果を踏まえて再び取り組めるようにしてほしい。子供・保育政治連盟からは子育て支援員研修の地方開催も。栄養士連盟からは行政栄養士の配置(残り21町村)。LPガス協会からは緊急避難施設へのLPガス配置。税理士会は高校での租税教育や、課税標準の住民税と所得税の統一など。トラック協会は船に乗らなければならない北海道に府県の高速道との差額料金助成。母子寡婦福祉連合会は就業機会の拡大。体育協会は道立体育センターの高齢者料金を有料に。たばこ販売は受動喫煙防止は過度な規制にならないように。などが要望されました。。