国勢調査速報値

 国勢調査の速報値が出された。
 予想通り、北海道では人口の増えたのが札幌市といわゆる衛星都市的な町のみで、これまで増加が続いてきた唯一の地方の町中標津町も含め殆どの市町村が人口減少となっています。
 全国で見ても東京都とその周辺への一極集中も明らかとなった。
 一昨年「地方消滅」が話題となり、政府では地方創生を打ち出しその為の担当大臣さえ置いているが、一向に効果的な施策が打ち出せずにいる。
 それは、地方には不向きな新自由主義とも言える「競争社会の中での経済成長」を目指していることで、効率の悪い地方は常に負け組とならざるを得ないからです。
 この考え方が無くならない限り人口の一極集中は止まらないと思います。

コメントを残す