党首討論

昨日インターネット上での党首討論会が開かれたと新聞紙上をにぎわせています。ある新聞は相変わらず政権の批判的な発言を拾って掲載しており、何となく選挙に影響を与えそうな気がしてしまいます。偏った政権の批判をする前に偏った報道をやめてほしいものです。どの政党も立派な事を言います、しかし実現が可能かどうかが信頼できるかどうかの分かれ目です。私たち自民党は政府の行き過ぎも正しながら、共産党の主張でも理屈の通った正しいことは実現するようにしてきました。実現できるのはどこか、賢明な判断を求めたいものです。