解散総選挙

昨日から急に解散風が吹き出しました。まさか台風に乗ってきたわけではないのでしょうが、28日の臨時国会冒頭での解散、補欠選挙を予定していた10月22日投票の予想が伝えられています。もう少し遅いと思っていたので私たちも虚を突かれたような気分ですが、相手となる民進党や新党を結成すると言われている東京ファ-ストの会などの準備が整わないうちにというのが本音でしょう。何か争点があってその判断を求める為の解散総選挙が本来の在り方ですが、自党に有利な勢力を保つための解散もまた総理大臣の権限でもあります。

常在戦場と言われますが、私たちも急いでその準備をしなければなりません。