終戦の日

今日、8月15日は第二次大戦において日本がポツダム宣言を行け入れた日で、日本ではこの日を終戦の日として全国的に平和を祈念する集会や、戦没者慰霊祭を行うところが多くあります。

中標津町でも「殉行者追悼式」が開かれました。中標津町で戦死した方が197人と災害の際殉職した方が2名おられますが、参加者全員でその御霊を慰霊しました。

決して戦争を起こさないと決意して憲法にも明確に規定していますが、一方で国民と国を守るための防衛をどうするかもまた非常に重要で、きれいごとでは国を守れないのもまた確かです。

非常に難しいことです。