改造内閣

安倍総理が内閣を改造しました。全体として確実に仕事のできる閣僚をそろえ、失墜した信用を回復し支持率をあげようということが読み取れます。前の内閣ではろくに答弁ができない大臣や失言を重ねる大臣、浮気の目立つ若手議員などが目立ちましたが、何より信用を無くしたのは上から目線で十分な説明をしようとし無かった総理自身にその元があったことは誰もが知るところです。

今日の記者会見冒頭で頭を下げたところを見るとそのことは承知していると思います。どうか着実に国民の福祉向上のため仕事をする内閣であってほしいと思います。