残念無念

民間初のロケットとして成功を期待された宇宙ベンチャー「インターステラテクノロジズ」が打ち上げた「MOMO」が、通信が途切れたとしてエンジン停止の指令を送ったことで宇宙まで達することができずに失敗に終わったと報じられました。大樹町では長い間の念願が叶うと期待して見守っていたと思いますが、失敗という結果に残念がっていると思います。しかしエンジンは正常に稼働し、打ち上げそのものはしっかり行われており、通信が失われた原因が分かれば次につながると思います。

資金的な問題はあるかもしれませんが、クラウドファンディングなどを活用するなどして再挑戦してほしいものです。