特急の中で

釧路から札幌へ向かう特急の中で書いています。

旭川行きや千歳までと違って、上下動が大きく何回も打ち間違いをします。これが苦しい経営状況のJR北海道の現実。よってスピードも出せず、利用し易い高速都市間バスに乗客は奪われて、ますます乗らなくなります。上下分離方式をいいますが、地方自治体に限りなく続く赤字を補てんしながら乗らない鉄路維持をすることなどできません。国もこの現実の中でどうやって隅々に人を配置するか、生産活動とその産物を人口集中地域に運ぶかを一地域や民間企業の問題としてみるのではなく考えるべきと思います。

北海道開拓の時代にどうしたかの原点に帰るべきではないでしょうか?