そば文化から大臣賞

私の地元である上原農場が、全国そば協会の「全国そば優良生産表彰式」で最高賞の農林水産大臣賞を受賞し、関係者が集まって祝賀会を開きました。

この農場がそばを作ったきっかけは、小出氏という教員から中標津町の教育長まで務めた方が、そば打ちに凝り仲間を集めて「ささやぶ教室」というそば打ち教室を開く中で、ぜひとも地元のそば粉で打ちたいと幼馴染に話したところ、自分の実家が農家で、そこで作ってもらおうということで作ってもらったのが上原農場だったということです。

それから約10年で、170ヘクタールものそばを作付けする農場になり、漁家巣を使った肥料や、短時間で乾燥できる装置を使うなどして高品質のそばを生産することが評価されたものです。

地域ではだれも取り組んでいなかったことを、一匹狼として続けてきたことがこの結果につながったものです。おめでとうございます。