市町村合併

 今日は、道内調査二日目で、釧路管内に移動して、この管内の市町村長さん達と意見交換しました。昨日の網走管内とは、雰囲気が違って、合併について、まだじっくり議論する時期ではないことや、道州制に対する疑問、支庁再編と合併の関連などについて、相当厳しい本音の意見が多く出ました。これまでの歴史的な積み重ねや、道の行こうとしている方向などについての理解と信頼感などに差があることを強く感じました。昨日の網走支庁でもそうでしたが、地域主権型社会の形成に当たっては、北海道としてのビジョンや、制度設計がきちっと出来なければ、前には進めないと感じました。二日間の道内調査でしたが、各町を預かって居る首長さん達の苦労と、思いの解った調査でした。
     

途中寄った東農大のエミュー飼育農場     阿寒行政センターの噴火観測設備

コメントを残す