松実さん

 今日は、去る5月7日に亡くなった「松実武夫」さんの社葬があり、お参りをしてきました。松実さんの経営しているホテルの大ホール・と言うよりはホテル中・に、いっぱいの人が集まり、別れを惜しみました。私もそうですが、こうして、写真でしか会えないことに、無念さと、悔しさが募ります。松実さんは、色々な意味で、中標津だけでなく、この地域に大きな足跡を残した人です。強引な面と、人情味あふれる人柄、地域に対して限りない情熱を持つ、会社では、社員を殴りつける時もありながら、その生活を守るため緻密な会社管理をするなど、誰にでもは真似の出来ない創業者人材でした。百戸足らずの私の地域で復活以来20回を重ねている盛大な盆踊りに、多くの寄付と協力をし、毎年来てくれていた姿は、田舎を大事に活性化支援をしたいという気持ちが表れていたし、小学校のバレーボールが全道に行く時や、高校の野球や、ラグビーが甲子園や花園にいった時も、自分のことのように喜び私たちの要望に快く応じてくれたものです。勿論私の選挙の際にも、激励会と称して、事務所いっぱいに社員を集めて、下手な演説を聴いて貰ったことなども、忘れられない思い出になってしまいました。私たちが、この思いを引き継いでいかなければと、改めて感じています。

コメントを残す