北方領土復帰期成同盟

 午後から、札幌で北方領土復帰期成同盟の総会があり、出席しました。全道の代議員総会なのでそれほど人数は多くはありませんが、全道で元島民と共に返還運動の先頭に立っている方達が集まりました。北方領土は昨年、日ロ通好条約によって択捉島と得撫(ウルップ)島の間に国境を定めてから150年を迎え、秋にはロシアのプーチン大統領が来日し、何らかの進展があるのではと期待した国民の願いは見事に裏切られる結果となりました。戦争の結果得た領土は返さないという態度ですが、今回の大戦では、どの国も新たに領土を得た国はありませんし、戦争によって獲得した領土は、相手国の恨みの対象となり、再び戦争の原因になると言う過去の歴史の過ちを繰り返さないために、新たな領土は求めないと言うのが、戦後処理の原則だったはずなのですが。今年は、日ロ共同宣言で国交を回復してから50周年にあたり、今年こそ何らかの解決をと言うのが今日集まった方々を代表とする運動関係者のみならず、全ての国民は願っています。

コメントを残す