産炭地

 今朝の読売新聞で、産炭地振興基金の不法借り入れが報じられ、争点の少ない定例会だと思われていたものが、一転して大変な問題を抱えることになりました。事は、旧産炭地である芦別、歌志内、三笠、赤平、夕張の各市と、上砂川町が、産炭地振興基金から、道知事の許可を得ていない借り入れをしたというもので、この基金を管理する道も、貸し付けできる条件ではないところに、それを知っていて債務負担行為をしたというもので、知事の許可を得ないで借りた自治体と、基金の管理責任のある道の双方に落ち度があり、今後詳しいいきさつなどの解明と、責任追及が重要事項となりました。再建団体になることを決めた夕張市は、最盛期と比べた人口は、10分の1に落ち込みながら、何とか観光とイベントで町おこしをしようとしましたが力尽きたものですが、他の旧産炭地も同様主産業の喪失と、人口の急減で財政は、自転車操業の状態まで追い込まれていたものです。時代の流れとはいえ、高度成長の中で、産業を失って格差社会の底辺で苦悩する町の姿に、明日の北海道を見るような気がするのは、私だけでしょうか。

コメントを残す