最後の卒業式

 私の母校でもある中標津町立武佐小学校で、100年の学校の歴史最後となる卒業式が行われ、来賓として挨拶をさせて戴きました。
 最後の卒業生は5人でしたが、次の中学校の制服を着た皆さんは大人びて、立派な中学生に見えました。
 これまで2200人の卒業生を送り出し、それぞれの立場で活躍し、中標津町の基礎と発展を作ったのもこの学校の卒業生です。
 私が勤めている道議会議員もこの選挙区管内の小学校を卒業しての議員は児玉由一氏と私の二人、それも武佐小学校卒業生です。
 この例だけでなく、人を育てる環境は素晴らしいものがありながら閉校するのはもったいないと心から思いますが、生徒が居なければどうしようもありません。
 残念な卒業式でした。

コメントを残す