飲酒運転ゼロの願い

 また十勝で飲酒運転者によると見られる死亡交通事故が起こりました。
 今年はその前にも室蘭・旭川や釧路でも同様の事故があったと報じられています。
 飲酒による交通事故はスピードと鈍くなっている反応の遅さで悲惨な事故と成ります。
 柿木道議と私達は被害者の会や、大学生からの要請を受け、なんとか悲惨な事故を繰り返さないために「飲酒運転根絶条例」を起案し、昨年の第4回定例会で議決し、すぐ施行しました。
 この条例は罰則のない精神条例としましたが、そこには「一日も早く北海道から飲酒運転を根絶し、道民にとって安全で安心して暮らす
ことができる社会が実現されるようたゆまぬ努力をすることを決意し、道民の総
意としてこの条例を制定する」としたように、みんなの願いを込めたはずでした。
 条例が出来ただけでは意識が変わらない難しさもありますが、なんとしても悲惨な事故を防がなければならないと思います。

コメントを残す