地道な努力

 中標津町森林組合の総会に出席しました。
 嘗ては製材工場を始め多くの事業を行っていましたが、材木輸入自由化の波に洗われた頃経営不振に陥り、清算をして組合出資金の削減や、希望脱退をつのって斡旋事業に限定して再出発した組合です。
 私もその組合員の一人で、残留を選択して残り、牛舎を移転新築した際にはその防風林を植樹してもらいその後の手入れも助成を受けながら手入れをしてもらった結果、今では直径20センチほどに成長して立派に冬の雪止めになって居ますし、殺鼠剤やキノコの種菌などの斡旋も受けています。
 厳しい経営状況ですが、こうした地道な努力も地域の森林を守ることや生活に潤いをもたらす手伝いになっています。

コメントを残す