定例会始まる

 今日から平成19年第一回定例会が開会しました。18年度の補正予算と、19年度の骨格予算、そして多くの条例改正案が上程され、知事から説明がありました。18年度の補正予算は、災害復旧対策費が主で、その他には、ゼロ道債といって、19年度の建設予算の中で、新年度になってすぐ執行できるように、入札準備を年度内にしておく建設予算があります。19年度予算も、北海道の今の状況を考えて、選挙の年にもかかわらず、春からの執行を急がれるものについては政策予算であっても取り入れたものとなっています。私も、議員会の幹部の方にこのことを申し入れ、限りなく本格予算に近い予算にして頂いた経過があって、昨年の95%で組まれた予算の説明を聞いていました。
 午後からは代表質問のチェックをしました。一部答弁が来ていてそのチェックも合わせて行いましたが、19日には、この答弁に対する意見交換をすることになっています。事前にこのようなことをするのは、議会でいきなり80項目もの質問を浴びせられても、答弁に時間がかかって限りなく時間がかかってしまうからです。医療や、行政改革など、不満な部分もあって、更に協議することにしています。夕方には、明日の別海町での事務所開きのため帰りました。夜は近所のお父さんが亡くなった通夜に参列、生前お世話になったお礼を言いながら拝みました。

コメントを残す