選対本部解散式

 今回の道議会議員選挙の選挙対策本部の解散式がありました。後援会から改変したものでしたが、中標津町農協の高橋組合長を本部長として、今回も戦いました。各町での選対も良く整備することが出来、充分な戦いで、素晴らしい結果を得られました。各組織、各団体、各個人の方達が、それぞれの持ち場で、しっかり役目を果たしてくれたことが、今回の結果を得たと思っています。今度は、私が自分の役目をしっかり果たしてお返しする番です。4年間、また実直に、誠実に地域課題の解決と、北海道の発展のために働いて行こうと思います。解散式後に開かれた慰労会(とは言ってもめいめい会費を出してですが)は、勝利のあともあって、前回より一層和気あいあいとして、賑やかに歓談しました。この雰囲気を地域に広めて一体化した中で地域振興をはかれるようにしていきたいと思いました。

コメントを残す