蒔き付け終盤

 畑に種を蒔くことを、「蒔き付け」と言います。春の遅い根室地方でも、漸く終盤になってきました。季候の良くないこの地方でも、昔は畑作が行われていましたが、度重なる冷害と、収量の少なさのため、「有畜農業」「畑酪兼業」「酪農専業」と変わって来て、今では殆どの農家が酪農専業となっています。しかし、武佐岳の麓を中心に、畑作を続けている農家もあり、そこでは馬鈴薯やビートの作付けをしています。最近では、これだけではやっていけないことから、大根や、ブロッコリーと言った野菜の大規模栽培もはじめています。ビートはもう苗の植え付けが終わり、馬鈴薯ももう終盤になり、また酪農家の所ではデントコーンの巻き付けももう終盤となっています。今年も夏の気候に恵まれて豊穣の秋が訪れるよう祈るばかりです。農業は、こうして天候に左右されながら、自然の中で営まれるものなのです。工業製品とは違うその土地からしか得られないものだと言うこと、そうやって人の食料を生産しているものだと言うことを思って欲しいものです。

コメントを残す