そば打ち名人

 中標津で有名なそば打ち名人の教育長が、私の後援会幹部を呼んでそばをごちそうしてくれました。彼は私の幼なじみで、小学校中学校と漫才をやった中で、立場上選挙応援は出来ませんが、いつも熱烈に応援の言葉をかけてくれます。そば打ちはある中学校で生徒が荒れているとき、そこの校長として赴任し、父兄の中にそば打ちが趣味の人が居て、その人と共にそばを打って生徒に食べさせ会話のきっかけを作ったそうです。もっともっとという向上心がわき上がってきて、釧路まで毎週かよってプロに習い、今ではアマチュア4段の腕前になりました。暮れには年越しそばを打って持ってきてくれますし、時折こうして自宅に呼んでごちそうもしてくれます。見事な細麺で、茹でる時間や、つゆにこだわり、それはそれは美味しいものです。本当は、定年退職後、そば屋を開店しようと、自宅を改造していたのですが、町の教育長に請われ、当分出来なくなったと言っていました。凝り性ですが、見事なものです。

コメントを残す