公共事業10%削減

 土木・建築の建設業の方々に元気がありません。仕事が大きく減っている上に来年度道財政再建のために公共事業を10%削減するという知事の案が示されているからです。特に建築業は、公共的建物の建設がストップ状態で、そちらのウエートが高い業者程大変です。財政再建を急ぐことは、今後の再生団体転落を防ぐ意味で急務ですが、それだけに注目していると、これら業者がやっていけなくなり、結果雇用が減り、また倒産が増えて、社会的コストの増加になっていくと思われます。なんとか負の循環に陥らないように、収入増加策や、段階的な削減策をとってソフトランディングを図れるように知恵を出さなければならないと思います。

コメントを残す