ああこの温度差

 朝、自民党の北海道開発委員会に参加。北海道振興のために予算の評価や、更なる意見が相次ぎ約1時間の委員会となりました。国は国の段階で皆さんが頑張っています。道も私達が頑張らなければならないと思いました。
関係の代議士事務所を訪れ、挨拶をした後夕方の便で羽田を発ちました。東京はコートが無くても歩ける程の暖かさでしたが、札幌に帰るとコートの襟を合わせて足早に歩かなければならない程の寒さで、道路もつるつる。灯油も沢山焚かなければ寒いし、道路整備も砂利を深く入れて凍結を防ぐように工事をしなければならない。隣が遠い上に公共交通機関がないので乗用車に乗らなければ移動できない。給与も、仕事がないから安いとなれば、格差を感じざるを得ません。温度差だけではないのです。それが現実です。

コメントを残す